仮想通貨の銘柄選び - 仮想通貨で稼ぐ! ICO投資で稼ぐ!
FC2ブログ

仮想通貨の銘柄選び

スポンサーリンク


現在の相場(2018年4月現在)ではICOをオススメしませんので

参考程度にお読み下さい。


これから仮想通貨に参入する人たちは

何の銘柄を買ったらよいのか迷うのではないでしょうか。


現在株やFXやバイナリーオプションに投資している人は

仮想通貨のチャートを見ながら押し目を狙って購入することもできますが、

投資初心者の人はよくわからないと思います。


多くの人は仮想通貨関連のブログやツイッターをチェックしたり、

ユーチューブを観たりして情報収集をします。


その過程で信用できそうな人がお勧めする銘柄を購入したり、

ユーチューブでお勧めしていたICOに参加したりする人が多いのではないでしょうか。


最初は誰でも真似から学びます。


しかしある程度経験を重ねていくと

あれ、真似だけではダメかも?

真似する人を間違えたかな?

と思うような段階になってきます。



例えば、ユーチューブを観ていると、

毎日のようにお勧めICOが紹介されています。


彼らはICOで儲けているのではなく、

自身が紹介するICOアフィリエイトで儲けている人が多いわけですから


本当にそのICOを買って良いかの判断は彼ら任せでなく、

自分がしなくてはいけないのです。


これはユーチューブだけでなく、

ブログとツイッターでも同じことが言えます。


口座開設ばかりさせようとしているブログを信用できますか?

彼らは道具を売っている商人です。


確かに学ぶことは真似ることから始まります。


最初は真似から入るのは正解です。

しかし真似る人を間違えるとあまり上達しません。


最初は真似から入ったほうが良いと書くと、

ブログのコメント欄からどういった人を真似したらいいですか?

どういった人をメンターにすればいいですか?

といった質問が届くことがあります。


その人自身の投資スタイルや投資経験や年齢等にもよりますが、

こういう人が良いと桃太郎が説明するよりも

こういう人は避けたほうが良いという人を見つけたほうが早いかもしれません。


以下の条件に当てはまる人は

真似しても時間の無駄になる可能性が高くなります。


・年中ICOの紹介や口座開設の紹介ばかりをしている。

・自分の言葉で今起きている相場観を伝えることができない。

(特に地合いが悪くなると、更新頻度が減ったり、相場に触れなかったりするのは不自然です)

・テクニカル分析ができない。チャート分析ができない。


こういった条件に当てはまる人は

トレーダーでなく、

ただのアフィリエイターなのであまり初心者が学べることはありません。


時間の無駄になる可能性が高くなります。



kasotsukachoice3.jpg


そういったところをフィルターにかけながら

真似する人を見つけてみるのも良いでしょう。


いずれにしても最終的には自分で判断するのが投資です。


ある程度の段階に入ったら

自分が購入する銘柄は自分でいろいろと調べて

責任をもって自分の判断で購入できるようにしましょう。


まずは銘柄を購入する前にどういったかたちで

仮想通貨にお金が流れていくかを理解することが重要です。


このお金の流れを知ることは

億り人を目指す上でとても重要になりますので、

お金の流れを理解した上で銘柄選びに役立てて下さい。





ここではビットコインと主要アルトコインと草コインを使って

仮想通貨のお金の流れを説明します。


仮想通貨の銘柄は1500以上あると言われていますが、

基軸通貨は最初に誕生したビットコインです。

ですからビットコイン建ての通貨が多くなります。


主要アルトコインとは国内に上場しているイーサリアムや

リップルやビットコインキャッシュなどの取引高の多い銘柄です。


わかりやすく言うと、

ビットフライヤーに上場している銘柄は主要銘柄と呼んでも良いでしょう。

https://bitflyer.com/virtual-currency-list


主要銘柄は時価総額ランキングを見て

確認することができます。

http://bitmanagement.jp/ranking/


草コインとは現在有望銘柄ではないが、

将来値上がりするかもしれないと期待を抱かせる雑草魂のあるコインのことです。



あなたが億り人を目指したいのであれば、

仮想通貨のお金は以下のように流れますので覚えておきましょう。


1.お金がビットコインに集まり出す。

2.ビットコインが上昇する。

3.新規が参入して更にビットコインが上昇する。

4.主要アルトコインにお金が集り出す。

5.主要アルトコインが上昇する。

6.新規が参入して更に主要アルトコインが上昇する。

7.草コインが上昇する。


億り人が誕生する時というのは

7の草コインが上昇した段階から参入するのでは遅く

それよりも前に参入していなければいけません。


2017年に参入して億り人になった人は

3と4の間あたりから参入して


主要アルトコインと草コインを購入して

億り人になった人たちです。


それよりも前に参入した人は

1から参入しているので先見の明があり、


ビットコインでも主要アルトコインでも草コインでも

億り人になった人たちです。


これから参入する人は

(あくまでも桃太郎の個人的な見解ですが)

ビットコインと主要アルトコインは既に価格が高いために

3と4の間あたりから草コインもしくはICO購入したほうが

億り人に近づけるでしょう。


つまりどこかで爆発的に上がるバブル相場になるか、

どこかで人よりも安く買わないと大金を手にすることはできません。



次のアルトバブルに乗り遅れないように

今から草コインもしくはICO銘柄をチェックしておきましょう!

ICO投資の見極め方


kasotsukachoice4.jpg





仮想通貨のお金の流れは

その時々のファンダメンタルズの発表内容によっても変化はありますが

基本的にはビットコイン⇒主要アルトコイン⇒草コインの順番でお金が流れます。


ですから最初にビットコインが上がり、

次に主要アルトコインが上がり、

最後に草コインが上がります。


反対の見方をすれば地合いが悪くなると、

真っ先に草コインからビットコインや主要アルトコインにお金が流れやすくなりますので、

草コインは急落します。


リスクヘッジのために

草コインから主要銘柄にポジションチェンジする人は多いでしょう。


このあたりはFX経験者は十分にご存知だと思います。


世界的な金融危機が起こると、

新興国からお金が安全資産のドルや円やユーロやスイスフランに流れるのと同じですね。





仮想通貨のお金の流れを理解することができたら、

次は仮想通貨の銘柄の選び方について学ぶのが良いでしょう。


一般的に仮想通貨の銘柄の選び方には以下のようなかたちがあります。


①銘柄の中身をきちんとチェックして有望な銘柄を購入する

②短期目線で取引所に上場した直後の銘柄を購入する

③長期目線で配当が貰える銘柄を購入する


他にも仮想通貨の銘柄の選び方はありますが、

ここでは基本的な3つの方法をご紹介します。


ご自分にあった方法で銘柄選びの参考にして下さい。





①銘柄の中身をきちんとチェックして有望な銘柄を購入するためには

ICO投資の見極め方にも書いていますが、

銘柄を地道にひとつひとつチェックして行く作業が重要です。


例えば・・・

・その銘柄がやろうとしていることは実用化可能であり、これから先ニーズがありそうである。

・その銘柄のコンテンツが優れている。差別化されている。

・その銘柄の開発チームが優れている。実績を出してきた人たちが加わっている。

・その銘柄を応援するコミュニティが活気ある。(テレグラムなど)

・その銘柄には有名銘柄のCEOなどがアドバイザーに就任している。

・その銘柄の発行枚数は?

・その銘柄のロードマップは実現可能か?

・その銘柄のICOはハードキャップ(資金調達の上限金額)が未達成になっていない。

などなど、社会的ニーズ及び内部開発・人材等は最低限チェックしたほうが良いでしょう。


その上で投資価値があるかどうかを判断します。


大切なお金ですから自分が投資価値がないと判断した銘柄は

仮に他の人が評価していたとしても気にせずに

自分が本当に購入したいと判断した銘柄だけに投資しましょう。


初心者の人はポジションを持ちたがるポジポジ病になりやすいので注意して下さい。





銘柄の中身をきちんとチェックして有望な銘柄だと判断したら

現在の地合いに照らし合わせます。

(地合いが良いか悪いかの判別方法は時価総額と取引高を見るとわかります)


現在の地合いを見ることはリスク管理にもつながります。


地合いが良い時は時価総額と取引高が上がっているので

誰が何の銘柄を購入してもどんどん上がります。

(2017年秋~冬の状態)

投資家の実力はあまり関係ありません。


問題は地合いが悪い時です。


地合いが悪い時は時価総額と取引高が下がっているので

誰が何の銘柄を購入してもあまりぱっとしません。


一般投資家の心理も弱まります。


実は一般投資家の心理が弱まっている時は

儲けられるチャンスが訪れている時です。


投資家によっては

地合いが良くなるまで何もしないという選択肢もありますが

ここではもう少し攻めた投資方法を書きます。


投資家は地合いが悪い時にこそ

リスクとリターンを考えながら積極的に購入することが大切だと

桃太郎は考えています。


仮想通貨で稼ぐためにはできるだけ人よりも安く買うことが重要です。

イナゴ投資はダメです。


イナゴとは上昇したら一気に飛びつき、大口が売りに出すとすぐに焼かれてしまう(損を出す)

短期の投資家のことを言います。


地合いが悪い時は安く購入できるチャンスでもありますから

皆が注目していない時に安く仕込むことを推奨します。


先述した仮想通貨のお金の流れを見ると

(基本的にはビットコイン⇒主要アルトコイン⇒草コインの順番でお金が流れます)


ビットコインと主要アルトコインのほうが草コインに比べるとお金の流れが良く、

上昇する時には先に上昇するメリットがあります。


しかしビットコインと主要アルトコインは

地合いが悪くても既に価格が高いことがデメリットです。


2017年に仮想通貨に参入した人たちは

安い価格で購入できましたが


2018年から仮想通貨に参入した人たちは

安い価格で購入することはできません。


原資が多くない限りは

ビットコインと主要アルトコインを購入しても

地合いが回復した時にそれほどのリターンを期待できません。


一方で地合いが良くなってきた時の

草コインはもの凄い倍率で上昇しますので、

原資のあまりない人でも大金を稼げるメリットがあります。


しかし草コインは仮に地合いが良くなったとしても

すべての草コインが上昇するわけではないことがデメリットです。

(草コインは当たり・はずれがあります)


他の草コインが上昇しているのに

自分が保有している草コインは上昇せずに

ずっと草のままだといった笑えないケースもあります。


ですから地合いが悪い時に仮想通貨を購入する際には

どの銘柄にもメリットとデメリットがあることを理解しましょう。


リスクが低いのは主要アルトコインで

リスクが高いのは草コインです。


リターンが少ないのは主要アルトコインで

リターンが多いのは草コインです。


余剰金であればどちらを購入しても良いですが、

初心者の人はリスク・リターンなども考えながら

銘柄選びのヒントにして下さい。





また仮想通貨の銘柄選びには

先述した社会的ニーズ及び内部開発・人材等をチェックすることだけに重点をおいて


地合い等はそれほど気にせずに

自分が将来性を信じた銘柄を現物でガチホするという選択もあります。


所謂、ガチホ最強説を唱えるガチホ勢です。


彼らは社会的ニーズ及び内部開発・人材等をチェックして

慎重に仮想通貨の銘柄を選んでいるわけですから

下がったとしても分割購入して平均購入単価を下げます。


そして自分が売却できる価格になるまでずっとホールドします。


日本では複数銘柄を保有して分散投資せずに

リップルやリスクを一点集中買い&ガチホしている人は多いですね。

草コインでも同じことが言えます。


投資家には地合い等に惑わされることなく、

自分で投資価値があると判断した通貨をガチホするタイプの投資家と

地合い等によりポジションチェンジする投資家がいます。


桃太郎は主要銘柄はガチホしますが、

それ以外の銘柄は地合いによりポジションチェンジするタイプです。


事業体の内部チームに勢いが感じられない

やる気が感じられないと思った時には見切りをつけて

勢いのある通貨にポジションチェンジします。


どちらが良いのかはわかりません。


地合いが良くなった時にガチホしていた銘柄が上がれば

ガチホして良かったと思うでしょうし、

地合いが良くなった時にガチホしていた銘柄が上がらなければ

ポジションチェンジしておけば良かったと思うでしょう。


頻繁にポジションチェンジするのは

時価総額が減るので良くないという見方もできますし、


ガチホして含み損を抱えて何もできない状態のほうが

良くないという見方もできます。


このあたりは賛否両論あります。


ガチホ派、ポジションチェンジ派は

それぞれメリット・デメリットがありますので

柔軟な姿勢で自分に合ったやり方を見つけるのが良いでしょう。





②短期目線で取引所に上場した直後の銘柄を購入するためには

銘柄の中身をチェックするよりも

どこの取引所に上場するかを重視しながら購入します。


ここでは短期目線での3つの購入方法を書きます。


1つ目は世界最大の取引量を誇るバイナンスに上場した直後の銘柄を購入する方法です。

世界最大の取引量なので注目度も高く、

バイナンスに上場したほとんどの銘柄は価格が上がります。


但し、上場直後はスプレッドが開いていたり、

地合いが良くない時にはそれほど上がらなかったりすることもあります。


2つ目は発行枚数が少なくて、

ICO開始後に即ハードキャップ達成した銘柄が上場してから購入する方法です。


こういったプレミア銘柄は稀少性が高く、

地合い等に関係なく、どこに上場してもすぐに上がります。


3つ目は時価総額の低い銘柄が

中堅の取引所に上場した直後に購入する方法です。


地合いが良くない時には

ひとつ間違えると草コインの墓場になる可能性もありますので

ミドルリスク・ミドルリターンの投資になります。


現在の仮想通貨の銘柄はICO後即大手の取引所に上場という流れはほぼありません。

取引量の少ない取引所から上場して~中堅の取引所~大手の取引所に移るのが慣例です。


株式公開するベンチャー企業などもそうですね。


中堅の取引所とはいえ、

一定基準の審査をクリアしてからの上場ですから

個人投資家レベルよりもしっかりとした目で審査が行われています。


ですから正直なところ、

個人投資家が評論家気取りで上がる理由を探してもあまり意味がなく、

上がる時は勝手にどんどん上がります。


ICO後、初上場でICO割れしているにもかかわらず、

積極的に複数の取引所に上場を目指している銘柄は

内部チームのやる気を感じさせますので

時価総額が低くてもワンチャンありそうな面白い銘柄かもしれません。


そういった時価総額の低い銘柄を

中堅の取引所に上場した直後に購入して保有し、


その銘柄が運よく大手の取引所に上場することができたら

時価総額は膨れがるでしょう。



短期目線での購入は

初心者の人には難しいかもしれませんが


いくつかの取引所をピックアップし、

上場した銘柄がその後どのような価格推移を辿っているかを

チェックしておくのは良いでしょう。


特にバイナンスに上場したほとんどの銘柄は上がっていますので

短期目線での購入の参考になると思います。





③長期目線で配当が貰える銘柄を購入するためには

金融系の銘柄を選びましょう。


基本的な考え方はガチホ派と同じです。


銘柄の中身をチェックして

今すぐには上がらなくてもロードマップ通りにプロジェクトが遂行できれば

需要が拡大するので今のうちから仕込んでおくという考え方です。


長期的な視野を持つので、

その間にいろいろと情報取集もできますし、

いろいろな相場を経験することもできますので

初心者にお勧めです。


仮想通貨の取引所と銀行を目指している銘柄や

仮想通貨のWEB質屋の銘柄や


仮想通貨でブロックチェーンを利用して

富裕層向けに資産管理を行っている銘柄などは

保有しているだけで配当が貰えます。


例えば、仮想通貨の取引所と銀行を目指している

バンクエラという銘柄はトークン保有者に対して

(トークンの保有量とその週の事業収益によっても変わってきますが)

毎週イーサリアムで配当を支払っています。


仮想通貨でインカムゲインは嬉しいですね。


金融系はうまく当たれば大化けする可能性もありますので

桃太郎も金融系の草コインを保有しています。


短期目線用の銘柄と長期目線用の銘柄を保有することで

バランスの取れたポートフォリオ(安全性や収益性を考えた資産構成)も作成できるでしょう。


kasotsukachoice2.jpg





以上、仮想通貨の基本的な銘柄選びについて書いてきましたが、

その他にもたくさんの選び方があります。


参入した時期によっても

それぞれのメリットは変わってくるでしょう。


2018年現在の桃太郎の仮想通貨の銘柄選びは

その銘柄の社会的ニーズ及び内部開発・人材等をチェックしながら


できるだけ時価総額が低くて

伸びしろのありそうな銘柄に投資したいと思っています。


時価総額が低いという点がポイントなので

主要アルトコインに比べると、

ローリスクではありません。


保有している銘柄でガチホしようと思っているのは

発行枚数の少ないビットコインキャッシュです。


また配当が貰える金融系の草コインにも期待しています。


桃太郎の保有ポジション


といった感じで・・・


投資家は自分の保有している銘柄に期待していたり、

いろいろな考え方を持っていたりしますので

銘柄選びはとても面白いですよ。


初心者の人も自分が購入する銘柄は自分でいろいろと調べて

責任をもって自分の判断で購入できるようにしていきましょう。


ポートフォリオの内訳を考えるのは

その後からでも良いと思います。


投資で大切なことはリスクを把握してリスクに向き合って、

リターンを狙うための行動を起こすことです。


ご自分にあったリスクの取り方で

仮想通貨の銘柄選びに役立てて下さい。




仮想通貨の桃太郎

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
仮想通貨の桃太郎

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桃太郎

Author:桃太郎
FX歴11年・バイナリーオプション歴6年の専業トレーダーの桃太郎です。今までの投資実績については複数のメディアに取り上げられています。メディア掲載実績

2017年9月から仮想通貨に参入しました。原資50万円→1500万円達成中。仮想通貨ではICOとアービトラージで稼いでいます。

8年間運営しているFXとバイナリーオプションのブログ
http://threeofhearts.blog129.fc2.com/

4年間運営しているバイナリーオプションのシグナル配信ブログ
http://goldenbear111.blog.fc2.com/


仮想通貨の桃太郎

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
仮想通貨の桃太郎

スポンサードリンク

LIVEDOOR NEWS 掲載


livedoornews.jpg
2015年3月7日
ハーバービジネスオンライン
コチラ

ネットマネー 掲載


20141220a.png
2015年2月号

Yen SPA! 掲載


yen spa
Yen SPA! 15年 冬

BIG tomorrow 掲載


61wz2YvV3DL__SL500_AA300_.jpg
2012年8月号

kokoichi.jpg
2013年1月号

元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 掲載


61TBKBoDtnL__SL500_AA300_.jpg
2013年1月号

smart FX 掲載


617i3oeTrAL__SL500_AA300_.jpg
2012 vol.2

vol3.jpg
2012 vol.3

ラクして毎月5万円が手に入る! 臨時収入のネタ帳 掲載


5133kif6OoL__SL500_AA300_.jpg
2012年12月

稼ぐ人のFX 儲けの流儀2 掲載


61n6+lLOHWL__SL500_AA300_.jpg
2012年7月

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Hit BTC